タッグチーム

  1. TOP  >  
  2. 会社概要  >  
  3. お役立ち情報室(一覧)  >  
  4. タッグチーム

INFORMATIONタッグチーム

社宅管理業務で「困っている」代表的な部署は総務課の社宅担当者様。
社宅代行サービスのメリットとスキームを説明するや否や、「すぐにでも導入したい!」という声が上がる企業様も少なくありません。
また、大変有り難い事に「そんな事までやってくれるの?」と感動してくださる方や「夢みたいだ」と言ってくださる方も中にはいらっしゃいました。営業冥利に尽きるお言葉です…。

導入を決断した後は、社宅代行導入可否の稟議申請書を上申する事に相成ります。
その部分は、社宅担当者様の上司様の承認が必要になるかと存じますが、「懸命」に社宅代行導入には尽力してくださる上長様もいて、本当に有難いです。
「導入したい」という私と総務課長様の双方の思惑は「上司を説得する為の稟議書を作成する」という共通の目的の下、共同戦線。私たちも稟議書へ添付する資料の提供要請に対しての協力を惜しみません。
稟議を勝ち得る為に、当社と担当者様ではある種、タッグチームのような関係になっています。

しかしながら、努力も空しく、上層部から「稟議が却下」との残念なお返事を頂くこともあります。
私たちは「簡単に稟議を許してくれる企業があるものか。やはり原因はコストなのか…?」と考えながらも、その理由をお伺いすると
「上司の方が社宅業務の煩雑さを知らないので、社宅代行サービス導入のメリットが上手く伝わらない」
との回答が結構多いのです。
「売り手」と「買い手」との対の立場であるにせよ「稟議却下」との報は、双方共に残念な結果。
それはタッグチームとしての敗戦の様相です。この様な連携関係の中で契約が成就した際には、企業様(担当者様)とは導入後も良好な関係が続きます。
しかしながら、お断りされた際には「契約後もこの企業様(担当者様)とはいい仕事(サービス提供)ができたのに…」と想像していた近い将来像が崩壊する時であります。
社宅担当者様や総務課長様は、社宅業務経験者が多く、業務の煩雑さや不効率性を熟知している為、社宅代行サービス導入のメリットのご理解は早いです。

しかし、そんな皆様も決済者たる上層部に「社宅代行サービスのメリット」を御理解頂くにひと苦労との事。
確かに、私もご理解頂く難しさはとても分かります…。
なぜなら、社宅代行メリットを充分に理解するには「社宅業務」を通して、苦労した経験を通じて、無駄や煩雑さを知っている事がキーになるからです。
社宅業務は何も総務部や社宅担当者だけのフィールドではなく、社内には経理社員様、社外には不動産会社・管理会社等との折衝が複雑に絡んでおり、自社で行っている社宅業務には「改善の宝の山」という認識があるかないかでメリットの伝わり方が違ってきます。

まだ社宅代行サービスを導入されていない企業様の「なぜ導入すべきか?」という疑問に対しては、営業のテレアポの中で私達が法人様から頂く返答が、百万言を要さずに「導入すべき」と証明してくれています。
電話口の返答がどんなものなのか?そのほとんどは「既に導入済みで、間に合っている」との声ばかり。
社宅代行がこんなに浸透している。それは企業にメリットがあるからとの所以だと思います。
もっとも社宅件数の少ない企業様は別としてですが、 電話口の返答で「導入していない」との返答の方が珍しい程です。
この記事を読まれて、少しでも社宅代行サービスにご興味を持たれた法人様は、ぜひ、ご連絡を下さい。
お待ちしています!!

追伸)
この場より過去に私たちとタッグチームを組んで頂いた企業様の担当者様へ
LIXILリアルティも進化しています。新しいサービスをご用意しています。
もう一度、一緒に稟議者様を説得しませんか?

VOICES お客様の声

  • IT関連会社 D社IT関連会社 D社

    社宅の物件情報が少ない!という悩みに応えてくれた!

    他社の代行会社とお取引していましたが、典型的な仲介系の社宅代行会社は自社ネットワーク中心の物件紹介になりがちで、満足する情報量ではありませんでした。一部、地方にある事務所では、社宅が見つからないと言われ、その地域は自分たちで探す事に…。そんな時、LIXILリアルティには種類豊富な提携不動産会社網があるという事を知り、早速、相談をしてみることに。

    READ MORE

  • 電気機械 A社電気機械 A社

    1ヶ月間に50件の異動!果たして物件は見つかるのか!?

    当社の工場は関東のA市に所在していましたが、東北のB市への工場移転プロジェクトの話があり、1ヶ月間に50件の異動をこなさなければならなくなりました。工場稼働の関係で赴任日は4月1日厳守。ただでさえ繁忙期の中で、果たして物件が見つかるのか?という不安もあり、我々だけでは遂行困難と判断。LIXILリアルティへ相談をしてみることに。

    READ MORE

  • 当社の工場当社の工場

    急な社宅担当者の退職。属人化された業務をどうするか?大ピンチに!

    社宅担当者が急に退職をする事になりました。後任者の私は、社宅の賃貸借契約に無知で、社宅関連の仕事もこれまで携わった事がありません。そんな状態でも、春の繁忙期は1ヶ月後と、刻々と迫ってくるばかり…。藁にもすがるような気持ちで、インターネットで社宅代行会社を探すことに…。そんな時、LIXILリアルティさんのホームページで『業務の80%を代行してくれる』と知り、早速、相談をしてみました。

    READ MORE

  • 大手人材派遣会社B社大手人材派遣会社B社

    家具家電付きマンスリー物件の手配に苦戦!

    毎年、3月になると新入社員の研修を行う為、数か月間だけマンスリー物件を手配するのですが、これが毎年大変で…。手配する時期が早過ぎると余計な賃料がかかってしまうし、手配の時期が遅いと物件は無くなってしまうし、さらには社員が実際、どれ位の期間を住むのかも決まっていないしで…まさに悩みの種でした。

    READ MORE

  • X

    A

FAQ よくあるご質問

READ MORE

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求はこちらにお気軽にお問い合わせください。

ABOUT US

  • 会社概要

    会社概要

    LIXILリアルティは、LIXILグループの中で唯一の不動産事業会社です。不動産や住宅の売買、賃貸、管理、リフォーム、資産コンサルティング、さらには企業様の社宅代行業務を通じて、不動産・住宅に関する総合サービスを提供しています。

  • CSR

    CSR

    株式会社 LIXILリアルティ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 斎藤 雄二 )は、2018年5月、「認知症サポーターキャラバンパートナー企業」に登録致しました。

  • お役立ち情報室

    お役立ち情報室

    社宅代行や社宅業務に関するLIXILリアルティからのお役立ち情報です。社宅業務に苦労されている法人総務・人事課の担当者様へ少しでもお役に立てれば幸いです。

  • 他サービス

    他サービス

    LIXILリアルティの社宅代行サービスは、社宅管理代行だけでなく、駐車場管理・マンスリー手配・持家管理(提携ネットワークを利用した地域密着型業者の紹介)・引越手配など、その他社宅に関わる付随業務を提供する事が可能です。